父島のお店を(ざっくりと)ご紹介! 〜日用品・おみやげもの屋編〜

前回の記事に引き続き、父島にあるお店をざっくりとご紹介♪
今回は、生活には欠かせない生鮮品や日用品を扱うお店、
そして小笠原ならではのおみやげものを扱うお店です。
 
一度の小笠原旅行での滞在はおおよそ2〜3日間。

これより多くなる二航海以上では一週間ほどからそれ以上になります。

そうなると、日用品も必要になりますし、
生鮮品が恋しくなることだってあります。
また、小笠原旅行の記念に職場へのばらまき用のおみやげ
自分用のおみやげを買う際に役立つ父島のおみやげもの屋さんもご紹介♪
 
飲食店同様に、あらかた東町に集まっているので

散策ついでに・買い物ついでにふらっと立ち寄って眺めてみるのも面白いですよ♪

それではまずはスーパーからスタ〜ト!

・小笠原生協
 

東町の湾岸道路沿いに位置するお店。
日用品・生鮮品・菓子類・おつまみ・お酒となんでもござれの頼れるお店。

支払いが現金のみなことと、
比較的早い時間18時に閉店してしまうのが玉に瑕。
とは言え、島にはなくてはならないお店!
基本営業時間は、7時〜18時まで。

 
 
 
 
・スーパー小祝
 
生協の向かいに位置するお店。

生協とは違う品揃えではあるものの全体的な品数は少なめな印象。
そして世代交代がなされていないせいで、お店としての活気を失いつつある印象。
それでも島民は頼らざるを得ない島には必要なお店です。
おがさわら丸の入港日の大盛況(?)振りはある種の見ものです。笑

こちらは、生鮮品・菓子類・お酒があります。
基本営業時間は、8時〜18時30分まで。

 
 
 
 
 
 
・佐藤商店
 
小笠原村 村役場の脇に位置するお店。

小さい店舗ながらも、日用品・生鮮品・お菓子におつまみ・お酒も扱う優良店!
しかも、比較的遅い時間まで営業していることから
「島のコンビニ」と呼ばれていたりいなかったり!!?

基本営業時間は6時30分〜22時かつ年中無休となっているものの、
近年の人手不足が原因で営業時間が短縮されたり
場合によっては店仕舞いをしてしまっている時があります。

 
 
 
 
・フリーショップ まるひ
 

一見、おみやげもの屋さんかな?とも見受けられる軒先だけど
ばらまき用のおみやげものをメインに、たばこやちょっとした日用品(DIY関連商品)や
水着を含めた海グッズも扱っているお店。

個人的には以前におみやげものの記事で紹介したママヤのレモンジャムを
ここで買い占めさせてもらってます♡

 
 
東町の湾岸通り沿いにある島のおみやげものを扱っているお店。

他店でもよく見掛ける品物も置いてありますが、
特筆すべきはここのお店に置いていないオリジナルの商品があること。

どのオリジナル商品も”南国感”があるいいデザインのものなので
刺さる人には刺さるはず!!

 
 
 
 
 
・手づくりみやげ パパの手
 
こちらも湾岸通り沿いにあるおみやげもの屋さん。
小笠原をモチーフにしたイラストの描かれたオリジナルTシャツや、
手提げバッグなどの小物、アクセサリー、レザーアイテムなどなど
全てオリジナルの商品がたくさんあります。
 
 
 
 
 

湾岸通りから一本外れた道路沿いに位置するおみやげもの屋さん。
狭く小さい店舗ながらもオリジナルイラストの描かれた
Tシャツなどの衣類、ポストカード、アクセサリー、キーホルダーがあり、
個人的にもそのデザインセンスがとても気に入ってよく購入しているお店。

センスのいい古着も扱っているので一見の価値ありです♪

 

 
 
 
 
 

今回はちょっと少なめになりましたが以上です。

前回の記事に「飲食店編」も含めて今回も
まだまだ全てのお店を網羅できている訳ではないので、
新たに追加情報がありましたら再度更新したいと思います。
お楽しみに〜♪♪♪