その美しさに息を呑む…キャベツビーチ!

 

水深3mの水底にある珊瑚がすぐ目の前にあるような錯覚をするほど美しいビーチです。

 

小笠原の綺麗なビーチはいくつか上げられますが、その中でツアー船に乗らなければ来られない場所のがこの「キャベツビーチ」。
“兄島瀬渡海中公園”と呼ばれる有名スポットのビーチです。

このキャベツビーチは、父島と兄島の間に位置する兄島瀨戸の一角にあります。
一般的に父島からは船で行くことしかできないため、イルカツアーやホエールウォッチングツアーなどでたいていのツアーショップは寄ってゆく有名な場所です。
ツアー中の休憩ポイントとして行くことも多いですね♪
ツアーのお昼ご飯タイムにこのビーチに寄り、約1時間ほどの自由時間を取ってシュノーケリングタイム…と言う流れが一般的です。

キャベツビーチに面している兄島瀨戸は、潮の満ち引きにより潮の流れが激しく、ここキャベツビーチでの遊泳の際に注意されるのが「船やブイよりも外(海側)へ行かないこと」…ここは潮の流れが速いために、あっと言う間に流されてしまうので気を付けましょう!とは言え、ブイの内側で泳ぐ分には安全なのでご安心を。
このキャベツビーチの個人的な印象は『海水がとっても冷たい』んです!笑
外海からの潮の流れが入ってきているため、冷たい海水が常に流れているからなんです。
夏場でもひやっと感じるほどなので、冬場はウェットスーツが必須かも?…特に、私のような寒がりな方には。苦笑

このキャベツビーチの海中の美しさは本当に素晴らしいです。
また、最近では餌付けされた魚群が襲ってくることでも有名なので、魚まみれになって魚群と戯れつつ、ぜひこのビーチの美しさを堪能して下さい♪
なお、”海中公園”内にて魚などを捕獲することは禁止されているのでご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です